FXの仕組みとは

FXの仕組みとは「外貨両替」のようなものです。
当たり前ですが、強い外貨を沢山持っているのであれば、必ず儲けはでます。
ですが、逆に弱い外貨を持っているのであれば「上昇する」のを待たないといけません。
これがFXの仕組みとなります。
yama
ちなみに、スキャルピングであったり、デイトレードと言うものがありますが、こちらはFXの仕組みの場合には「取引スタイル」とされています。
これに長期投資という取引スタイルをプラスすると、それ以外には余り取引スタイルがありません。
近年ではバイナリーオプションも登場しましたが、こちらについては「時間制限ありのトレード」でしかありませんし、リスクが定まっているFXのようなものです。
これらのFXの仕組みから好きなものを選択し、もしくは複合的なトレードスタイルを確立して儲けるのが、FXの仕組みであり醍醐味となりますね。
また、儲けも損失についても実際に行ってみるまではわからないのは、先物・株式などのトレードと同じです。

レバレッジ

FXは「レバレッジ」が最大の特徴でしょう。
まず、レバレッジがない場合を考えると、必要な証拠金が100万円なのであれば、実際に「100万円を用意しないといけない」状態のままです。
これがレバレッジなし。
次にレバレッジありなのですが、国内では「25倍まで」と言うルールがあるのですが、FXの仕組みとして25倍までであればレバレッジの利用が可能です。
この場合には、25倍まででトレードをするのであれば、証拠金にレバレッジが加算されますので、「少ない証拠金」であってもトレードが可能です。
今回は100万とすると、4万円からでトレードが可能ですし、実際に儲けが出た場合には100万円で換算がされますので、レバレッジなしが1万円であったのであれば、最大では25万円の儲けとなっているはずです。
また、FXの仕組みとして申し込みなどをしないでも、25倍のレバレッジについては対応されるようになっています。
特殊な条件などはございません。

流動性

「流動性」についての理解が必要不可欠となります。
これは、「メジャー通貨、マイナー通貨」と言う名称であらわされていますが、普通にFXのトレードをしている場合には、正確にFXの仕組みについては理解しないでも良いです。
例えば、システムトレードなど「業者で設定されているトレード」を行う場合には、自分で先ほどの通貨を選ぶ必要もないのです。
世界で最も流通している通貨というのは、日本円・米ドル・ユーロの3種です。
この中から、「リスク判断」と言うものがテクニカル指標と言う難しい分析情報ツールにより判断されています。
ここまでがシステムとなっていて、後は「エントリーをするかどうか」をトレーダーが判断するわけです。
また、マイナー通貨というのは「メジャー通貨以外」なので、マイナー通貨ばかりが世の中には存在している事になります。
ただ、基本的には使わない設定になっているので、トルコリラのような投機的なものについては使ってしまう心配はないでしょう。

様々な注文方法

michi
FXのトレードでよく登場する注文と言うと、「成行注文」が多かったりします。
意外と自動で取引のスタートができると言うFXの仕組みを知らない人が多いので、「IFD注文、OCO注文、IFDO注文」については知らない人が多かったりしますね。
また、業者についても余りこれらの注文については勧めてこないかと思います。
と言うのも、IFD注文にしろOCO注文にしろ「約定している回数」が増えていますので、FXのトレードにおいては手数料が多くかかってくるからです。

特に初心者のトレーダーはFX比較・情報 HOT-FXのようなサイトを参考にすれば良いでしょう。約定数が無駄に多い業者については信用をしてくれませんし、レビューなどでもマイナス評価の対象になりやすいと言う特徴があるものです。
言い方を変えると、「このような注文を勧めてくる業者」については危険視をされておいた方が良いでしょう。
先ほどの注文ではIFDO注文が特にそうです。

IFDO注文とは、IFD注文とOCO注文を「合体させた取引スタイル」です。
IFD注文では2度の注文を断続的に行うスタイルとなっており、OCO注文においては同時に別の形式で注文が入るスタイルとなっています。
なのでIFDO注文とは、要約すると「注文1の約定がある注文2の約定もある。しかし、注文2においてはOCO注文が入るので合計では3つの注文となる注文方法」なのです。

1・2・3のどれもがFXのトレードにおいては自動的に発注されますので手間がかからないと言う大きなメリットがありますが、無駄になるかも知れないOCO注文が入ってもいますので、実際にFXのトレードをやってみると、「OCO注文だけは不要」となるケースが多く、その為に安易にIFDO注文についても勧めてくる業者については信用ができません。
注文2・3が約定した後ですが、未約定となった注文については自動的にキャンセルされるようにもなっています。